未成年による暴行によって死亡させる事件が怖いです。

滋賀県彦根市で、16歳の少年が15歳の少年を殴って死亡させたそうです。最近、こんな事件が多いように感じます。それも未成年が多いです。殴って人を殺すなんて、よほどの暴力がなければ起きません。それなのにこんな事件が多いということは、加減を知らないからだと思うのです。集団で暴行死させる事件も多いです。無抵抗な人を、大勢で殴る心理が全く理解出来ません。痛そうだとか、可哀想だとか思わないのでしょうか?誰か一人でも止める人はいないのでしょうか?いつも疑問に思います。今回の事件は、一人の男の子が暴力をふるって殺してしまったそうですが、周りには友達が5、6人いたそうなのです。いくら暴力をふるわなかったとしても、止めなければ同じなのです。それがとても残念で仕方がありません。今回亡くなってしまった被害者は、私の娘と同じ年齢です。まだまだこれから楽しい未来が待っていると思うと悲しくなります。キレると何をするのか分らない若者達が怖くてたまりません。アコム 5万

この秋の天気のようにテンションが低い時は

秋の雨模様で気温が低下し、この天気状況から物事も進まないもどかしさ、こういう時をテンションが低いとか言う。
すぐれないと言ったりもするが、原因としては必ずしも自分に起因することとも言えない、周囲の動きが鈍いということもあるし、干渉が煩わしく感じたりもする。

空模様で言えば雲が厚くなっていて陽ざしは弱く、どんよりとして10数分後でも一降りするかという感じ。
こういった状態は男女問わず誰にでもある、敢えて言うとすれば理性とか構えとして男性のほうが強いだろう、日ごろ精神面を鍛錬しているから問題点を通過するのが早い。
早いというか停滞状態のままでは進捗状況がよくないし、できるだけさっさと片づけた方が自分にも好条件になるから。

これに対して女性は感性とか精神面をあげるのがゆっくりである、この性質からしてもやっとすると、一掃するまでにちょっと時間を要する。
心理の面からすれば周囲など変えようとしてもし難いこと、初歩的な心理の学びがあればこの知識はあるけれど、これを自分ですんなり処理するには時間内での経験。

上から目線は確かに快適不足、でも上司のような人物であろうとこういうものと目線を同じくらいにすれば、案外気分が軽くなるものだ。
数十年生きた気質は石のようで柔らかさ欠如、だったら無視するとか子供みたいと思っていれば暢気に通過、社会全体でみれば左程のレベルでもない人物と認識できて日常の快適さも増します。上層部を眺めれば国家単位とか企業でセレブさんはいっぱい、ピラミッドの下層部、同じレベルだと考えて日々すごせばいい。カードローン 金利 上限