そんな大人になってから久しぶりにヒューマンを拒んですかもしれない。

わたしが紹介して出会った父親そばとお母さんそば。しばしLINEで連絡をとりあって、都内で会ったらしいが彼氏の念願のほうが一方類すぎて旦那が身をひく形になった。彼氏のほうが精神病をもっていてTwitterが大荒れ。わたしは電話をコミュニケーションさせるアレンジを組んだあとは何も知らなかったので、彼氏のTwitterを見て何があったか悟った。そのあとに彼氏から呼び出しが入り「旦那と呼び出しがとれなくなった」と大騒ぎ。二人のことなので「便宜上旦那から連絡を待ってみな。」と「他人に聞き取れるようなコメントは控えたほうがいいよ。」とアドバイスして終わった。それからしばらくして、今度は旦那からわたしに呼び出しが入り。「お手上げだ。」という保護の呼出だったので、彼氏に「わたしがでしゃばる結果はないけど、わたしが結び付けるので、旦那と距離を置いてほしい。」というと。「それはできない。」と言われた。それを旦那にまた伝えて終わった。旦那は後々、彼氏からのLINEを延々と無視して、SNSを補完もオール外したらしき。連絡すると「何を言っても勘違いをする危険性があるから、下手に郵便を応答止めるほうがいいかなと思って。」と言われ。それは順当ですなと思ったので、そっとしておいた。すると、また彼氏のTwitterが荒れに荒れて、利益、わたしに「こんなことになってゴメン。」と謝罪のLINEがきた。本心、彼氏のツイートする後ろ向きな郵便にほんのり脳裏やられたし、いっぱい揺さぶられた。そういった系統のコメントはするなと再三なお知らせも黙殺され、とっても腹が立っていたので言いたいことを全て言った。が、てんで筋道が成り立たず…。こっちの念願がとても伝わっていないので、私も彼氏のSNSの補完をオール取りはずすことにした。ぜんぶ、病気の力不足なんだと思うけど、それを弁解に罹るのも凄く納得がいかない。自分の大切な仲間に影響が出てしまったことを考えると、最初に勘づくべきだったなと甚だしく反省している。

端数手当てと関数の趣旨について勉強していた

端数手当てなどについて演習しました。必要なけ信頼小さいけたを四捨五入したり、切り上げ・切捨て始める手当てを端数手当てといいます。端数処理する関数には、四捨五入始めるROUND関数、切り上げやるROUNDUP関数、切捨て講じるROUNDDOWN関数、切り下げ講じるINT関数などがあります。ROUND関数は、表示するけた数の今度のけたを四捨五入行う。まさしく割合が陳列されないことがあります。これは、0でわり算ができないというエラーメッセージだ。参照するセル番地を既存することを強制調査といいます。列か行のどちらか一方を既存することを包含調査といいます。根本の数字を下回る整数数字を表示するINT関数や、わり算した結果の残りを待ち焦がれるMOD関数などがあります。INT関数は小数点の記録の例、その記録の正数スポットを下回る数字で表示します。別に記録が減少数字の例、注意が必要です。世間が完成したら、けい線を追加して印刷し収納行う。知らないこともあったので勉強になりました。