耳の遠いおじいちゃんおばあちゃんの声は大きい

私の場合、予定のない休みの日には、よくいつも使っているカフェに行って読書や勉強することが多いです。
自分の部屋にはパソコンがあり、ベッドがあり、お菓子があり…と、いろいろと誘惑が多すぎるんですよね。
自宅で集中できないこともないのですが、自宅よりはカフェに行ってしまった方が、集中するための労力がかからない気がしています。
そんな理由で、平日の仕事帰りに立ち寄ることもあったりするので、、週二回は通っているのではないかと思います。
なので、カフェの店員さんともすっかり顔なじみになっていますし、お客さんが少なくて落ち着いている時間にはちょっとした雑談をしたりします。
しかし、こんな風にカフェを自分の部屋のように感じているのは、私だけではないのでしょう。
近所のおじいちゃん、おばあちゃんたちも、憩いの場としてカフェを使っているようです。
しかし、カフェで本を読んだりしているときに思うのですが、おじいちゃん、おばあちゃんたちは、耳が遠いのか声がやたらと大きいんですよね。
そういうときにはイヤホンをして小さな音量で音楽を聴いているのですが、それにも勝る豪快な笑い声が聞こえてくることがあったりします。もろみ酢 黒酢 違い