端数手当てと関数の趣旨について勉強していた

端数手当てなどについて演習しました。必要なけ信頼小さいけたを四捨五入したり、切り上げ・切捨て始める手当てを端数手当てといいます。端数処理する関数には、四捨五入始めるROUND関数、切り上げやるROUNDUP関数、切捨て講じるROUNDDOWN関数、切り下げ講じるINT関数などがあります。ROUND関数は、表示するけた数の今度のけたを四捨五入行う。まさしく割合が陳列されないことがあります。これは、0でわり算ができないというエラーメッセージだ。参照するセル番地を既存することを強制調査といいます。列か行のどちらか一方を既存することを包含調査といいます。根本の数字を下回る整数数字を表示するINT関数や、わり算した結果の残りを待ち焦がれるMOD関数などがあります。INT関数は小数点の記録の例、その記録の正数スポットを下回る数字で表示します。別に記録が減少数字の例、注意が必要です。世間が完成したら、けい線を追加して印刷し収納行う。知らないこともあったので勉強になりました。