災害での情報発信時は分かりやすさが何より大切

災害では、情報の分かりやすさが命を左右すると言っても、過言てはないでしょう。岩手県で介護施設の入所者が、台風による川の増水で犠牲になりましたが、「避難準備情報」の意味を、職員らが誤解していたことが、避難が遅れた原因の一つだと指摘されています。「避難準備情報」というのは、「要介護者ら避難に時間がかかる人は避難を始め、それ以外の人は避難準備を始める」という意味ですが、私も今回の被害で、初めて正しい意味を知りました。報道番組を見ても、「避難準備情報」の意味を正しく理解している人は、ほとんどいなかったようです。こういう悲劇が起こることで、初めて正しく認識されるということには、毎度のことながら、心が痛みます。ある自治体では、避難準備情報を緊急速報メールで伝える際、「お年寄りやお体の不自由な方、また、小さなお子様がいる家庭では直ちに避難してください」という文面を添えているそうです。自治体など、災害についての情報を発信する側も、こういった取り組みが必要だと感じました。ミュゼ 予約変更 ネット