この秋の天気のようにテンションが低い時は

秋の雨模様で気温が低下し、この天気状況から物事も進まないもどかしさ、こういう時をテンションが低いとか言う。
すぐれないと言ったりもするが、原因としては必ずしも自分に起因することとも言えない、周囲の動きが鈍いということもあるし、干渉が煩わしく感じたりもする。

空模様で言えば雲が厚くなっていて陽ざしは弱く、どんよりとして10数分後でも一降りするかという感じ。
こういった状態は男女問わず誰にでもある、敢えて言うとすれば理性とか構えとして男性のほうが強いだろう、日ごろ精神面を鍛錬しているから問題点を通過するのが早い。
早いというか停滞状態のままでは進捗状況がよくないし、できるだけさっさと片づけた方が自分にも好条件になるから。

これに対して女性は感性とか精神面をあげるのがゆっくりである、この性質からしてもやっとすると、一掃するまでにちょっと時間を要する。
心理の面からすれば周囲など変えようとしてもし難いこと、初歩的な心理の学びがあればこの知識はあるけれど、これを自分ですんなり処理するには時間内での経験。

上から目線は確かに快適不足、でも上司のような人物であろうとこういうものと目線を同じくらいにすれば、案外気分が軽くなるものだ。
数十年生きた気質は石のようで柔らかさ欠如、だったら無視するとか子供みたいと思っていれば暢気に通過、社会全体でみれば左程のレベルでもない人物と認識できて日常の快適さも増します。上層部を眺めれば国家単位とか企業でセレブさんはいっぱい、ピラミッドの下層部、同じレベルだと考えて日々すごせばいい。カードローン 金利 上限